灰を肥料として使う方法


灰-私たち自身の生産の肥料

灰については多くのことが書かれていますが、それは決して偶然ではありません。木、葉、草の残留物を燃やして得られる灰は、優れたカリ-リン肥料です。同時に、それに含まれるカリウムとリンが植物に容易に利用できる形であることが重要です。

さらに、灰にはいくつかの微量元素(マグネシウム、ホウ素、硫黄など)も含まれています。これらは植物の成長期に必要です。

灰には塩素が含まれていないため、塩素に悪影響を与える植物(イチゴ、ラズベリー、スグリ、ジャガイモ)に使用すると特に効果的です。

庭で害虫や病気から植物を噴霧するために灰を使用する私の習慣についてお話ししたいと思います。 これを行うには、10リットルのエナメルバケツに3キログラムのふるいにかけた灰を水と一緒に注ぎ、20〜30分間沸騰させます。私はスープを冷やし、防御し、ろ過します。次に、得られた溶液の量を10の部分に分割します。次に、得られた濃縮溶液の10分の1を水で10リットルに希釈します。したがって、シート表面の濡れを改善するために、40〜50gの洗濯物またはタール石鹸を追加する実用的な解決策が得られます。時々、石鹸の代わりに、バイオ添加剤を含む粉末洗剤を追加します(溶液10リットルあたり大さじ1〜2杯)。私はこのソリューションをさまざまな害虫から果物やベリーの作物を噴霧するために使用します。そのような灰溶液は、害虫だけでなく、植物病害の病原体(うどんこ病、かさぶたなど)にもうまく影響することに気づきました。

溶液に含まれるカリウム、リン、微量栄養素の肥料は、害虫に対する破壊的な効果に加えて、植物をミネラルで飽和させます。 6月には尿素溶液、7月にはアゾフォスカ、8月には過リン酸石灰と硫酸カリウムです。

尿素アゾフォスカ過リン酸石灰硫酸カリウム
六月15〜20 g / 10 l
7月30〜40 g / 10 l
8月25〜30 g / 10 l15〜20 g / 10 l

確立された基準を超えないことが非常に重要であることを覚えておく必要があります。基準を超えると危険な結果を招くからです。植物の葉の装置は化学火傷を負う可能性があり、その場合、利益の代わりに、取り返しのつかない害を被ることになります。

私は庭師に、そのような噴霧は、個人の安全対策(眼鏡、手袋、呼吸器)を守りながら、穏やかで風のない天候の朝または夕方(最良の選択肢)に行うべきであることを思い出させたいと思います。噴霧ノズルは、霧状の噴霧を得るために最小の溶液流量に調整する必要があります。これにより、処理プラントの効率が向上します。 7月には、Azophoskaの代わりに、任意の複雑な肥料(Kemira、Nitrophoska、Nitroammofoska ...)を使用できます。

そして私の練習からのもう一つの有用なアドバイス。毎回15〜20、30〜40グラムの肥料を測定するのは疲れます。私はそれを簡単にします。 10リットルのキャニスターに2kgの尿素、3kgのアゾフォスカなどを別々に溶かします。 20〜30%の溶液が得られます。このようなソリューションを使用する方が簡単で正確です。たとえば、噴霧用の尿素の作業溶液を入手する必要がある場合は、10リットルの水に100mlの濃縮肥料溶液を加えるだけで十分です。

葉面ドレッシングの使用方法の詳細については、私のWebサイト(http://viktorfelk.narod.ru/およびhttp://site-o-sade.umi.ru/)を参照してください。

経験豊富な庭師、ヴィクトル・フェルク、
カレリア

オルガ・ルツォワによる写真


現場の灰は、乾式でも溶液の形でも使用できます。

あなたの灰を最大限に活用したいですか?入り江の10リットルのバケツに灰のガラスを取り、植物を溶かして水をまきます。このバケツは約2平方メートルの面積に十分です。

水に溶かさずに灰を使う場合は、掘るときに加えるのが一番です。 11平方メートルのベッドには、3〜4杯の天然肥料が必要です。敷地内の土壌が粘土の場合は、春と秋に灰で施肥しますが、土壌が砂質の場合は、春の掘削中のみです。

灰と堆肥を組み合わせるのは非常に良いことです。それは有機物がすぐに「燃え尽き」、植物にとって栄養価の高い腐植土に変わることを可能にします。

堆肥ピットを敷設するとき、有機物の層に灰が振りかけられ、堆肥の立方体あたり最大10kgの灰が消費されます。


灰の品質 多くの状況に依存します-その中で最も重要なのは原材料です-火で燃やされた木の種類。

燃焼によって得られる灰が最大の価値を持っています。 白樺の薪..。カリウム10〜12%、リン4〜6%、カルシウム35〜40%が含まれています。

トウヒ材の燃焼によって形成される灰には、3〜4%のカリウム、2〜3%のリン、23〜26%のカルシウムが含まれています。

しかし、灰の製造において最も重要なことは、プラスチック包装、ポリエチレン、ゴムが火に落ちないことです。

灰中のカリウムは、水に溶けやすい炭酸カリウムの形で含まれています。木灰にはリンがほとんど含まれていませんが、過リン酸塩よりも十分に使用されています。

灰に含まれるカルシウムの量が多いため、土壌をすばやく脱酸できる優れたアルカリ肥料になります。

アッシュアプ​​リケーション 酸性度を下げ、土壌構造を改善し、微生物叢の発達に有利な条件を作り出します。

土壌を石灰で脱酸する場合、ニンジン、パセリ、大根などの作物は石灰によく耐えられないことを覚えておく必要があります。ニンジンでは、根の作物が曲がりますが、他のニンジンでは粗くなります。したがって、これらの作物については、木灰で土壌を脱酸する方が良いでしょう。


任意の灰を使用してください

肥料として、あなたは植物(枝、根、乾燥した葉、上または草)を燃やした結果として形成された残留物だけを使うことができます。焦げた紙や石炭の灰には、しばしば有毒物質が含まれています。

さまざまな種類の植物相の燃焼生成物中のマクロ要素とミクロ要素の含有量が同じではないという事実も考慮する必要があります。したがって、針葉樹の灰はリンが豊富で、落葉植物のカルシウム、ブドウの木や乾いた草のカリウムが豊富です。

泥炭を完全に燃焼させた後、得られた残留物にはカリウム塩はほとんど含まれていませんが、石灰は多く含まれています。鉄分も含まれています。経験豊富な庭師は、果樹を肥やすためにそのような製品を使用することをお勧めします。

ヒマワリとキクイモのよく乾燥した茎を燃やしたり、白樺の薪からの灰は、ほとんどすべての緑地に最適です。


国の冬前の心配:肥料として灰を適切に使用する方法

核果ガムの処理-果樹のゴモシス

自宅で自分の手でリンゴのチーズを調理する

あなたの夏の別荘のトップ10の有毒植物-植物毒素に注意してください!

開花後の牡丹をどうするか-花屋の間違い

熟成中の庭でのブルーベリーの施肥と世話

収穫後のイチゴのお手入れ方法


肥料としての灰、適用方法-植物に正しく使用する方法は?

肥料としての灰は農民のお気に入りの製品です。長い間、庭師と庭師は、トップドレッシングの栄養特性、害虫と戦う能力、アクセスしやすさ、準備のしやすさを高く評価してきました。植生に害を及ぼさないように、何から調理し、どのように灰を適切に使用するかについて、以下で検討します。


ビデオを見る: 堆肥がないなら腐植酸を入れればいいじゃないアヅミン土づくり土壌分析結果


前の記事

ベニバナ

次の記事

チコリ-バッハフラワー-それは何であり、それは何のために使われるのか